おーとりゆーきのブログを使わざるを得ない

アクセスカウンタ

zoom RSS ブランディッシュ ダークレムナント をもてあます

<<   作成日時 : 2009/04/13 14:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

なかなか面白いそうなので、PC版未経験だけどやってみたよ。

んーなんつーか、2D版ダンジョンマスター? 結構面白いですな。
罠だらけのMAPをひとつずつクリアしていくアクションンRPGです。
MAPは相互に繋がっており、往来は自由にできます。
ダンマス程やれる事は多くはなくてシンプルに作られてますが
リアルタイム進行と、罠にビビりつつ敵と対峙する緊張感は
まさしくダンマス。動作がちょっともっさりしている感はありますが
操作性は悪くありません。あと、武器に耐久度がありゲーム中に
入手できる物資の数に制限があるので、無闇に敵を撃破すれば
いいというものでもありません、倒してもそのうち復活しますし。

1つのMAPを「LEVEL」と称し、それを一つずつ突破して
いくんですがオートマッピングと踏破率100%による報酬があり、
MAPを埋めるのが好きで仕方の無いゲーマーにはたまらない仕様に
なってます。また、マップに簡単なマークを付けて目印にすることもできます。
1つのLEVELがそんなに長くないこともあって、なかなか止め時が
見つからなくて、たまに困りますな。

主人公は敵を倒せばLVが上がって体力と魔力の上限が上がり
武器を使えば腕力が上がり、魔法を使えば知恵が上がり、
魔法を食らえば魔法抵抗があがります。
なんというか過去のファルコム作品を彷彿とさせるイロイロな要素が
入ってて、オールドゲーマーとしてはなんともいえない
ノスタルジックな気分にさせられます。様々なトコロにアナログ
的な要素があるあたり、実に古のファルコムらしいなぁ、と。

BGMも当時のFM音源版と今風のアレンジ版両方がはいってて
ゲーム中いつでも切り替えられます。このFM音源版が古きよき時代の
ファルコムサウンドでいいんだよなー。
なんか、オートマッピングの要素もあるから世界樹の迷宮を思い
だしてしまう。

戦闘は剣を振って斬りつけるか、魔法を打つかのどちらかになります。
やっかいなのは剣での戦闘で、攻撃ボタンを押せば攻撃、何も
押さなければ盾ガードなんですが、敵のモーションを見て
「あー殴られるなー」と思ったらすかさず攻撃の手を休めないと
いけません。このゲーム、順当に進むと一撃で倒せる敵なんて
いないので、基本はガードしつつの殴り合いになります。
敵もガードしますし、剣が敵の盾に当たった場合は
耐久度が落ちますので、いかに隙をついて確実に当てるかが
重要です。むしろ慣れてくるとサイドステップや後退の操作で
ヒット&アウェイのほうが楽になってきますよ。
ここいらへん、ゲームに慣れてくると自分が上達してる事が
認識できてよいですな。

ゲーム中は基本的に孤独なんですがたまに店をやってる人がいたり
NPCが居たりして、出くわすとなんだかホッとさせられます。
特にRUINのようじょの亡霊と、TOWERの魔法屋のエルフ
おねえさんが可愛くていやされる。
ドーラ?そんなオバサンしらないよ?
あーでも眼鏡かけたら良さそうだよね〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブランディッシュ ダークレムナント をもてあます おーとりゆーきのブログを使わざるを得ない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる